« Let’s 単身赴任 動向編@1ヶ月経過 | トップページ | Let’s 単身赴任 風邪っぴき編 »

2005年10月31日 (月曜日)

静岡草薙 保育園児37人重軽傷事故

ニュースでもさんざん報道されましたが、
28日、保育園児の列に車が突っ込むという痛ましい事故が起きました。
http://www.digisbs.com/newsilocal/20051028000000000077.htm
http://www.asahi.com/national/update/1027/TKY200510270223.html

この、週末に七五三のお披露目と言うことで嫁実家へ行っており、日曜の早朝現場を通ってみました。
このルートは、嫁実家から会社への通勤ルートとして通い慣れており、四日市で報道を聞き「確かに道幅は狭いが、どこでそんな大勢負傷するのか」と疑問に思っていました。

報道ステーションではしつこいぐらいに、運転手を「責める」様なニュアンスで報道していましたが、保育園の門前には、信号付き横断歩道があり、事故現場反対側に一段高い歩道もあります。この歩道、数年前に草薙神社の下まで道路拡幅して作った物です。
kusanagi

保育園側は、「原則、右側通行なので」と説明していました。子供に説明するのに、間違った説明は良くありません。正しいと思います。しかし、横断歩道でない場所を渡らせることと、道路反対側には狭いですが一段高くなっている歩道があるのに、そちらを通らなかったことが残念です。

我が家から学校まで、進行方向左側に路側帯が緑にペイントされています。さらに進むと、一段高くなっている歩道(元々は、どぶ川)があります。子らは実際、路側帯部分をきっちり歩くことはありませんが、それでも歩道のところは「左によって」歩道の上を歩きます。
幼稚園の頃から、そう指導してきました。

今回の事故は、双方つらい思いをしていると思います。他所で発生した「おばか運転」と状況が違うと思います。

報道ステーションの様な一方的な報道は少し気になりました。通い慣れているそのルートを使う数人の意見も同様に「運転者が悪いが、報道はやりすぎ」の意見が多かったのが印象的です。

|

« Let’s 単身赴任 動向編@1ヶ月経過 | トップページ | Let’s 単身赴任 風邪っぴき編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
草薙の事故の件、実際の報道は見ていませんのでそちらへのコメントはできませんが・・・

TVの偏向報道はもう、収束不能な段階まで来ているのかもしれませんね。
NEWSのワイドショー化と一言で片付けるのは簡単ですが、夕方のニュースなのに事件・事故に恣意的なBGMが入ってたりしますね。


私が以前のぞみの人身事故のインタビューを受けた時も、前後のコメントをバッサリカットして放送されたので周囲の人間に不思議がられたことがあります。
(そもそもNHKのカメラにインタビューされたのになぜかテレ朝の方では夕方のニュース・ニュースステーション・翌朝のワイドショーと、3回も映っているという不思議体験でした^^;)

投稿: mochibon | 2005年11月 1日 (火曜日) 12時59分

のぞみの事故っすか。そんなこともありましたね。

いつもの通勤路でしたし、嫁も10年通ったルートなので、このニュースは家でも、嫁実家でも話題でした。

投稿: kaneman_hori | 2005年11月 1日 (火曜日) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104510/6793120

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡草薙 保育園児37人重軽傷事故:

» 園児の列に車突っ込む [ミスターポポの「のほほん日記」]
園児の列に自動車が突っ込むという事故が起きた。 ドライバーの運転ミスが原因だが、 私も車を運転する機会が多く「明日は我が身」だと感じる。 大事にならなかったのが「不幸中の幸い」だ。 この事故で、まず一番に思ったことは子どもたちの心のケア。 幼児期の精神的ショックは、後々「トラウマ」になりやすい。 そこは「本業」の「保育士」なので、十分なケアをお願いしたい。 それと、 「園外保育の安全性」について、もう... [続きを読む]

受信: 2005年11月 5日 (土曜日) 05時33分

« Let’s 単身赴任 動向編@1ヶ月経過 | トップページ | Let’s 単身赴任 風邪っぴき編 »