« 今読んでいる本 | トップページ | 明日は東京方面へ出張です »

2006年12月 4日 (月曜日)

松本で豆炭こたつ購入

お兄ちゃんのお誕生日イベントとして、長野県松本に行ってきました。
昨年のお兄ちゃんの誕生日イベントは名古屋城名古屋港水族館で、お嬢はぐりんぱで初スケートでした

今年はどうするか?ということで長野県松本へ。松本にした理由は最近、お兄ちゃんが戦国武将やお城などにはまっているためです。大河ドラマも見てます。曰く「あとの見所は冬の陣・夏の陣だけだー。関ヶ原が終わっちゃったからつまんなくなった」
「家紋について調べる」みたいな授業があったらしく、「家紋」→「戦国武将の家紋」→「戦国武将本人」→「どんなとこに住んでたの?」→「お城」となっているようです
061202_matumotojo
ってことで、どーん「松本城」です

お泊まりは、会社の保養所がある東急リゾートタウン蓼科です。リゾートマンションなのでご飯がありません。てな訳で、茅野の街に下りてお買い物+お風呂に行ってきます
夕食は、アルミの鍋に入ったちゃんこ鍋@お一人様用を2つと「おぎのや」の峠の釜飯です。お兄ちゃんは釜飯1人前残さず食べます。釜飯なんて、たまにしか食べないので食が進むようです
お風呂は「塩壺の湯」という市営の施設です。大人400円です。リゾートタウンの中にある「鹿山の湯」も捨てがたいのですが、今回は街に下りてきましたので、こちらへ
茅野はこんな感じの施設が7カ所も、うらやましー

温泉から戻る途中はらはらと雪が舞ったりしてました。リゾートマンション駐車場に止め、ふと見渡すと、スキー場のナイター照明とスノーマシンで雪蒔きしているのがまるで山火事の様です。標高が高く、放射冷却中なので足下が凍結し始めています、空を見上げると満天の星空でした

一夜明けて檄寒と思ったら061203_snow01_1
061203_roof02_1
061203_snow02
フォレスターちゃんが「たらこ攻撃」されてました。10時過ぎには溶けてしまいましたが、ココよりさらに上がるピナタス蓼科スキーリゾート方面から来る車はかなり雪を積んでます
チェックアウトをすませ、途中のおみやげ屋さんによりつつ今回の「大人の目的」遂行のためホームセンターに向かいます

Sinagawakotatsu 今回の最大の目的は、「豆炭こたつ」です。現在2~3メーカーからの発売のようです
「マルハ」ブランドの橋本産業㈱・マルハ産業㈱、HPからはほのぼの系のこたつの要素は一切出てきませんが…(^_^)。商品は諏訪のカインズホームにありました
「ミツウロコ」ブランドの㈱ミツウロコ、こちらのHPもお堅いイメージですが、ガスコンロなども扱っているので若干ほのぼの度があります。商品は茅野のケイヨーD2にありました
もう一つ「品川」ブランドのシナネン㈱があるようです
結局、D2でミツウロコのこたつ12800円と豆炭980円@10Kgを購入しました

嫁実家はジジババとも長野人なので豆炭こたつはは当たり前の様でしたが、自分は結婚時に体験し、超ビックリしたものです
豆炭を2~3粒、火熾ししてやや大きめのお弁当箱っぽい専用の「あんか」のような器具に入れ、豆炭こたつにセットすると、24時間以上保温します。驚異の長時間ぬくぬくになります。節電です

一酸化炭素中毒が心配されますが、ウチの子らは生まれたときから、豆炭こたつでぬくぬくしてきましたので、ノープロブレムです
豆炭という化石燃料を使用し、一酸化炭素をはき出し、灰の廃棄が必要ですが、トータル的には「エコ」になっている評価を皆さんつけてますね
灰の廃棄は幸い小さな庭がありますので、肥料の一環として再利用も多少は可能かと

そんな訳で今年の冬から糸井重里さんご推奨?の豆炭こたつ生活のスタートです

業務連絡
豆炭こたつの性能を実感されたい方、連絡していただければ、体験していただけます@ご顔見知りさんや近所さん(^_^)、ぜひ

|

« 今読んでいる本 | トップページ | 明日は東京方面へ出張です »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104510/12926874

この記事へのトラックバック一覧です: 松本で豆炭こたつ購入:

« 今読んでいる本 | トップページ | 明日は東京方面へ出張です »