« 最新機器導入 | トップページ | 「ちょっと見てきて」もらった »

2007年12月10日 (月曜日)

豆炭こたつ って、こんな感じですよ

ログを見ていて気がついた

こののブログで異様にアクセスが多い(あくまでもウチのレベルですが)キーワードがあります。今の時期らしく「豆炭こたつ」です
購入しようか迷っている方から、どんな構造になっているのか質問いただきましたので、こんな感じですよって回答です

ウチの場合ですが24時間キープの目安は、豆炭4粒ほどです

1)豆炭を1~3分焼くと赤黒のホルスタイン柄になります。火起こし(http://www.nikko-factory.co.jp/shop/a0906.html:地元三島の日光陶器店のHPがあったのでリンク、金物屋サン等で売ってます)で焼いてください。ウチのミツウロコ製「豆炭こたつ」の場合はセットの中に入ってました。今シーズンの豆炭は㈱ミスジ製を使ってます。当たり前ですが、特別メーカーを選んでいるわけではありません。ホームセンターに飛び込み購入ですから

2)「焼きすぎ」しました。火箸(「ひばし」なんて見たことあるかな?)やトング(鉄等の燃えない素材ね)でつかんで「あんか」に移します。セットに入っていたトングはちょっと柔らかすぎなのと豆炭がすべるので注意が必要です。台所に敷いてあるマットにはいくつも焦げ跡があります

3)蓋を閉じてロックをかけるとこんな感じです。レバーで上蓋のスライド窓を開け閉めして火力調整します。当然火力が強いと持続時間が短くなります

4)あんかをこたつにセットし、扉を閉めると出来上がりです。最近の薄型電熱器と比較すると4倍ぐらい出っ張ってます。昔のボーリングのピンみたいな電熱器の1.5倍ぐらいでかいです。写真にもチラッと写ってますが、ウチではこたつの足にげたを履かせています

てな感じで、ヌクヌクしているのでした

あ、そうそう。「豆炭こたつ」ってすぐには暖まらないので。スイッチオンの5秒で温風とは違います。あとは、換気に注意ですね

いいよーこれは

とりあえず、過去の「豆炭こたつ」エントリーはこちら

いただきます:松本で豆炭こたつ購入   06年12月4日
http://kaneman-hori.cocolog-nifty.com/itadakimasu/2006/12/post_26f4.html

いただきます:豆炭こたつが出場しました 07年11月28日
http://kaneman-hori.cocolog-nifty.com/itadakimasu/2007/11/post_59a9.html

「豆炭こたつ」関連のリンク先はこちらですが、扱い商品として「豆炭こたつ」がくわしく解説されているわけではありません
  「ミツウロコ」ブランドの㈱ミツウロコ
  「品川」ブランドの㈱シナネン
  「マルハ」ブランドの橋本産業㈱・マルハ産業㈱

裏ワザ
  メーカによっては、パーツ単体や補修部品として売っていたりしています。
  ウチの様に家具調に「新規で」組み込む場合は、単体パーツを買って組むより、
  実はセットになっている(天盤、やぐら、熱源その他部材)になっている商品を購入し、
  バラして使用する方が安く済みます

でも、「バラす」ので自己責任ですよ

火災には十分ご注意の元ご利用ください

|

« 最新機器導入 | トップページ | 「ちょっと見てきて」もらった »

豆炭こたつ とか」カテゴリの記事

コメント

Some time ago, I did need to buy a house for my firm but I didn't have enough money and couldn't order anything. Thank heaven my colleague proposed to try to get the loan at reliable creditors. Hence, I acted that and was satisfied with my bank loan.

投稿: Morse35Francis | 2012年11月29日 (木曜日) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104510/17328701

この記事へのトラックバック一覧です: 豆炭こたつ って、こんな感じですよ:

« 最新機器導入 | トップページ | 「ちょっと見てきて」もらった »