« ラパンSS、スモール交換 | トップページ | バスでお出かけ »

2008年5月16日 (金曜日)

ラパンSS、ホーン取り付け

ラパンSSの改造って程じゃないですが、ホーン取り付けしました

通常、軽自動車の純正ホーンは1個で、ラパンSSも所詮「アルト」な訳で1個しかついてません。当然、「プー」としか鳴らない訳で、エスポットでホーンを購入し、取り付け日のタイミングを計ってました

購入したホーンは、おそらく最安値です。驚きの880円。ヤフオクより送料分安いです
製品名は、大自工業㈱Meltec製 「ヨーロピアホーン『鳴』Naru EH-02」 マジェスタにも同じのを付けましたが、音色も良く気に入ってます。耐久性については検証できてませんが、お勧めです
いつもエスポットのカー用品コーナーに置いてあります。アルファホーンやボッシュに並んで、ひときわ格安価格で置いてありますが、安すぎて敬遠されているみたいです。安かろう悪かろうでなければ良いのですが、しばらくこれで行ってみようと思います
このメーカー、謎のメーカーと思っていましたが、実は創業40数年の老舗自動車用品屋さんでした

で、取り付けのほうですが明るいうちにしたいのはやまやまですが、なかなか時間が取れず、やっと昨夜、会社の水銀灯を頼りに取り付けしました。新社屋は水銀灯が3灯、21時まで点いていますので、それまでに完了させなくてはなりません。薄暗くなってきましたが19時にスタートです

080515_01rapin20_2

ラパンSSの場合、ボンネットを開け、グリル上部にあるピンをドライバーでコジり6つ全部はずします(赤枠)
ホーンは青枠のところにあります。12mmボルトで固定されていますので取り外します

ラパンのサイトを見ていると、「グリル・バンパーを外す」としているサイトさんが数多く出てきます。もちろん、外したほうが「ものすごく」作業効率が上がります(実感)
自分は暗くなってきたのもあり、バンパー外さず上から行く、超現車合わせ作戦で実施します

まず、配線類を作ります。ラパンSSのホーンは1端子なので、そこから電源を2分割する線と、ホーンからアースする線を2本用意します

ボンネットロックのところにエーモンの余りものステーを利用してラジエタメンバーとグリルに5cm程の隙間を確保します

隙間から、12mmスパナを差し込みボルトを緩めます。板ラチェットやショートソケットレンチが欲しいところです。自分は持ってなーい(泣)
がんばって外したら、ホーンをヘッドライト裏側から差し込み、位置合わせをし、固定します。今回のホーンは渦巻きなので、厚みがあります。超現車合わせですのでボルトを固定した後、力技で向きの微調整をして、グリルとの干渉をさけます。場合によっては裏向きに付ける手段もあります

080515_02rapin202個目のホーンは、ラジエタメンバーにアースされている10mmのボルトに友締めします。友締めする際、アース線の丸端子も一緒に留めます。固定が確認できたら、配線しテストに鳴らしてみます

「ふぁ」とアルファーホーンっぽい音が出ましたので、OKです

080515_03rapin20

|

« ラパンSS、スモール交換 | トップページ | バスでお出かけ »

くるまのことや、くるまのせいび とか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104510/41223693

この記事へのトラックバック一覧です: ラパンSS、ホーン取り付け:

« ラパンSS、スモール交換 | トップページ | バスでお出かけ »