« 長野行き08-6 | トップページ | プチ更新@最近読んだ本 »

2008年11月24日 (月曜日)

豆炭こたつ、出場’08

寒くなってきました。夜になるとストーブつけたりし始めています
と同時に、常連さんしか来ないこのブログも一気に燃え上がるキーワードにヒットして、続々一般の方がご来場する季節でもあります
そのキーワードは

   「豆炭こたつ

このキーワード、10月ころからじわじわ上がってきて春先までずっと上位キープです(ウチのブログでは)。皆さん、どこかで「豆炭こたつ」を目にして気になるのでしょうか、

購入編

   いただきます:松本で豆炭こたつ購入   06年12月4日
   http://kaneman-hori.cocolog-nifty.com/itadakimasu/2006/12/post_26f4.html

セッティング編

   いただきます:豆炭こたつって、こんな感じですよ   07年12月10日
   http://kaneman-hori.cocolog-nifty.com/itadakimasu/2007/12/post_3642.html

のアクセスが高いです

ウチの豆炭こたつは、㈱ミツウロコで、その他
  「品川」ブランドの㈱シナネン
  「マルハ」ブランドの橋本産業㈱・マルハ産業㈱
の豆炭こたつが市販されてます。今年、初めて気がつきましたが、ミツウロコとシナネンの豆炭こたつはOEM生産と思われます。見たところ、こたつ本体にあるラベルのみが違う様です。まるでbB>coo>DEXってとこでしょうか。”>”に深い意味はありませんよ~

で、ウチのこたつはつ言うと、2シーズンの運用によりアンカの綿がボロボロになってきています

081124_anka01_2

昔は石綿だったので見た目最初からボロボロしてましたが、今はアスベスト問題のために、グラスウールです

081124_anka02_2

豆炭こたつのアンカ部分の枠を外し収めます。枠をセットしながらドライバや割りばしでグラスウールを抑えつつ枠を固定するわけですな

バラシはじめながら、驚愕の事実に直面しました。先日の長野行きの際ケーヨーD2須坂インター店に立ち寄り買ってきたミツウロコのグラスウールが…
1袋2枚入りと思い込み1袋しか買ってきませんでした(泣)
仕方がないので新品をふた側に、受け皿側には破れたグラスウールとふた側の使えるグラスウールを組み合わせセットアップしました

来年、行ったときまた買ってこなくては。っていうか1枚300円ぐらいなんだから予備も買ってこいよって感じです

1枚のために長野まで行くガッツはありませんし、山梨あたりのホームセンターで売ってれば考えますが…

|

« 長野行き08-6 | トップページ | プチ更新@最近読んだ本 »

豆炭こたつ とか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104510/43209319

この記事へのトラックバック一覧です: 豆炭こたつ、出場’08:

« 長野行き08-6 | トップページ | プチ更新@最近読んだ本 »