カテゴリー「豆炭こたつ とか」の記事

2011年1月19日 (水曜日)

「豆炭こたつ」なんかあったのか? リンクまとめ

「豆炭こたつ」うちでも使ってます。かれこれ5年くらいですかね

嫁実家で初めて目にして、ちと感動

その後も我が家では、家具調電気こたつをつかってましたが、思い立って「豆炭こたつセット」を購入し、速攻でセットをばらし、ヤグラは新品のまま廃棄となり、ヘッドのみを家具調電気こたつと交換しました

で、本日アクセス解析をふと、見てみると

9時過ぎからどか~んとアクセス増えています。なんじゃこりゃ?????

1日平均80名の方が「ラパン 改造」や「セイコー キネティック」で検索されているこのブログで、今日は「豆炭こたつ」で7,701名のアクセスがあります。なんと100倍@15時時点

てな訳で

豆炭こたつ関連のリンクを急遽まとめてみました

まずは、豆炭こたつメーカー・豆炭メーカーってことで
  ㈱ミツウロコ
  シナネン㈱
  橋本産業㈱、マルハ産業㈱

ブログのほうは
  初見は2006・12・04 
     松本で豆炭こたつ購入 三島から信州松本まで「買い出し」です
  そして、2006・12・12
     豆炭こたつ パッケージを開けるときが来ました
  ほぼ、1年後の2007・11・28
     豆炭こたつが出場しました 07-08豆炭こたつシーズンの開幕です
  2007・12・10今回のようにアクセス解析を見ていたら、豆炭こたつのプチブームに
  ちと驚きつつ
     豆炭こたつってこんな感じですよ
  2008・11・24豆炭こたつの「あんか」部分グラスウール交換編
     豆炭こたつ出場’08
  さらに1年後、ネタなし
     2009年、豆炭こたつ出場

となります

「火」をつかうので、注意してくださいね~。火事や一酸化炭素中毒ですよ~
うちの子らは生まれたときから豆炭こたつで育ってますので、乳幼児のころから、こたつに潜ったりしませんけどね

ウチのお嬢が、豆炭落としてフローリングに「コゲ」作ったのは御愛嬌。お手伝いして火起こししてくれたからね。やけどに注意です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月曜日)

2009年、豆炭こたつ 出場

この連休直前、静岡県東部も結構寒かったです

  yahoo!ブログ チーム森田の「天気で斬る」@09.11.17

インフル2名を抱え、今年も「豆炭こたつ」出場です

10月に入ってから、ウチの駄ブログの「検索フレーズランキング」でトップ激走中です。先週末は「スポーピアシラトリ黄瀬川店」のオープンの為に2位でしたが、トータル的には年間№1フレーズです

昨年、「グラスウール」の購入ミスがあったので、代用品のグラスウールを入手してあります。これで、4月ぐらいまでヌクヌクできそうです

幸い、我が家のインフル組も快方に向かっており、兄者は明日から学校行くそうです。学級閉鎖になっていなければいいんですがね。嫁も昨日は、焼肉食べながらビール飲んでましたのでもう大丈夫かと

よかったよかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月曜日)

豆炭こたつ、出場’08

寒くなってきました。夜になるとストーブつけたりし始めています
と同時に、常連さんしか来ないこのブログも一気に燃え上がるキーワードにヒットして、続々一般の方がご来場する季節でもあります
そのキーワードは

   「豆炭こたつ

このキーワード、10月ころからじわじわ上がってきて春先までずっと上位キープです(ウチのブログでは)。皆さん、どこかで「豆炭こたつ」を目にして気になるのでしょうか、

購入編

   いただきます:松本で豆炭こたつ購入   06年12月4日
   http://kaneman-hori.cocolog-nifty.com/itadakimasu/2006/12/post_26f4.html

セッティング編

   いただきます:豆炭こたつって、こんな感じですよ   07年12月10日
   http://kaneman-hori.cocolog-nifty.com/itadakimasu/2007/12/post_3642.html

のアクセスが高いです

ウチの豆炭こたつは、㈱ミツウロコで、その他
  「品川」ブランドの㈱シナネン
  「マルハ」ブランドの橋本産業㈱・マルハ産業㈱
の豆炭こたつが市販されてます。今年、初めて気がつきましたが、ミツウロコとシナネンの豆炭こたつはOEM生産と思われます。見たところ、こたつ本体にあるラベルのみが違う様です。まるでbB>coo>DEXってとこでしょうか。”>”に深い意味はありませんよ~

で、ウチのこたつはつ言うと、2シーズンの運用によりアンカの綿がボロボロになってきています

081124_anka01_2

昔は石綿だったので見た目最初からボロボロしてましたが、今はアスベスト問題のために、グラスウールです

081124_anka02_2

豆炭こたつのアンカ部分の枠を外し収めます。枠をセットしながらドライバや割りばしでグラスウールを抑えつつ枠を固定するわけですな

バラシはじめながら、驚愕の事実に直面しました。先日の長野行きの際ケーヨーD2須坂インター店に立ち寄り買ってきたミツウロコのグラスウールが…
1袋2枚入りと思い込み1袋しか買ってきませんでした(泣)
仕方がないので新品をふた側に、受け皿側には破れたグラスウールとふた側の使えるグラスウールを組み合わせセットアップしました

来年、行ったときまた買ってこなくては。っていうか1枚300円ぐらいなんだから予備も買ってこいよって感じです

1枚のために長野まで行くガッツはありませんし、山梨あたりのホームセンターで売ってれば考えますが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月曜日)

豆炭こたつ って、こんな感じですよ

ログを見ていて気がついた

こののブログで異様にアクセスが多い(あくまでもウチのレベルですが)キーワードがあります。今の時期らしく「豆炭こたつ」です
購入しようか迷っている方から、どんな構造になっているのか質問いただきましたので、こんな感じですよって回答です

ウチの場合ですが24時間キープの目安は、豆炭4粒ほどです

1)豆炭を1~3分焼くと赤黒のホルスタイン柄になります。火起こし(http://www.nikko-factory.co.jp/shop/a0906.html:地元三島の日光陶器店のHPがあったのでリンク、金物屋サン等で売ってます)で焼いてください。ウチのミツウロコ製「豆炭こたつ」の場合はセットの中に入ってました。今シーズンの豆炭は㈱ミスジ製を使ってます。当たり前ですが、特別メーカーを選んでいるわけではありません。ホームセンターに飛び込み購入ですから

2)「焼きすぎ」しました。火箸(「ひばし」なんて見たことあるかな?)やトング(鉄等の燃えない素材ね)でつかんで「あんか」に移します。セットに入っていたトングはちょっと柔らかすぎなのと豆炭がすべるので注意が必要です。台所に敷いてあるマットにはいくつも焦げ跡があります

3)蓋を閉じてロックをかけるとこんな感じです。レバーで上蓋のスライド窓を開け閉めして火力調整します。当然火力が強いと持続時間が短くなります

4)あんかをこたつにセットし、扉を閉めると出来上がりです。最近の薄型電熱器と比較すると4倍ぐらい出っ張ってます。昔のボーリングのピンみたいな電熱器の1.5倍ぐらいでかいです。写真にもチラッと写ってますが、ウチではこたつの足にげたを履かせています

てな感じで、ヌクヌクしているのでした

あ、そうそう。「豆炭こたつ」ってすぐには暖まらないので。スイッチオンの5秒で温風とは違います。あとは、換気に注意ですね

いいよーこれは

とりあえず、過去の「豆炭こたつ」エントリーはこちら

いただきます:松本で豆炭こたつ購入   06年12月4日
http://kaneman-hori.cocolog-nifty.com/itadakimasu/2006/12/post_26f4.html

いただきます:豆炭こたつが出場しました 07年11月28日
http://kaneman-hori.cocolog-nifty.com/itadakimasu/2007/11/post_59a9.html

「豆炭こたつ」関連のリンク先はこちらですが、扱い商品として「豆炭こたつ」がくわしく解説されているわけではありません
  「ミツウロコ」ブランドの㈱ミツウロコ
  「品川」ブランドの㈱シナネン
  「マルハ」ブランドの橋本産業㈱・マルハ産業㈱

裏ワザ
  メーカによっては、パーツ単体や補修部品として売っていたりしています。
  ウチの様に家具調に「新規で」組み込む場合は、単体パーツを買って組むより、
  実はセットになっている(天盤、やぐら、熱源その他部材)になっている商品を購入し、
  バラして使用する方が安く済みます

でも、「バラす」ので自己責任ですよ

火災には十分ご注意の元ご利用ください

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火曜日)

豆炭こたつが出場しました

ウチのリビングに今シーズンも「豆炭こたつ」が出場しました
11/17~18と長野に行ってきましたが、長野の嫁親戚宅ではすでにフル稼働中

それを受けて、ウチでも出場してきました。23日からヌクヌクしてます
昨年購入した、ミツウロコの豆炭こたつセットから熱源ユニットを取り外し、家具調こたつに組み換え使用しています

どこの豆炭こたつメーカーの商品も90cm角の商品が主流のようで、ウチで使用している150cm家具調こたつっぽいのは「無い もしくは 特注」の様です。ってな訳で、かなり出っ張りますが
ユニットをビス止め改造して移植しています

豆炭は、新装オープンとなったサントムーン柿田川っていうかホームアシストで購入してきたみたいです。長野では12kg袋1580円程度でしたが、静岡の方が少し安いと聞いています。ウチでは1シーズン25Kg前後使用予定ですね

清水の嫁実家では先週末時点でこたつを組んでなかったので、今シーズンはウチの我慢が足りなかったかな?
まー、子らのハナがグズグズしてきていたので良しとします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火曜日)

豆炭こたつ

先日の松本旅行で茅野のホ-ムセンターで購入してきた、豆炭こたつを組み立てます

061210_kotatu01
061210_kotatu03

こんな感じで梱包されています。内容は

061210_kotatu04_1

061210_kotatu05

このようになっています
話題のアスベストは使用していません。グラスウールというそうな

061210_kotatu06 さすがに、70cm×70cmのサイズでは使用するには、不便すぎるので、我が家の家具調こたつ@10年選手のヒーター部分にくっつけることとしました

電気のヒーターをはずしてしまうと、豆炭こたつの最大の欠点である「すぐに暖か」、「ちょっとの時間だけ暖を取る」が、できないという点がもろに露呈してしまいます

そこで電気ヒータのしたに吊すという方法を考案して、取り付けてみました

え?その写真がない?
はい、2段重ねにして使ってみました。良い感じに電気で暖まります。が、豆炭こたつがかなり下の方に下がってしまい。足を伸ばすと網にがっちり張り付きます

やけどの心配は無いのですが、ちょっと使いにくい状況になりました。みっともないので写真は撮っていません。はははは

今週末、電気ヒーター部分をはずし、「豆炭こたつver2」としてお目見えする予定です。電気ヒーター部分は横からねじ止めなので、ちと加工が必要です。あー、ホームアシストいって板買ってこなくちゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)